広島のアシュタンガヨガスタジオ・すうヨガ

  • トップ
  • スケジュール
  • クラス
  • すうの紹介
  • ワークショップ
  • パーソナルトレーニング
  • ブログ
  • お問い合わせ

“アシュタンガ”とは

古代インドで使われていたサンスクリット語で“8本の枝”という意味です。

紀元前にインドの聖者パタンジャリによって始められ、現在はインドのMysoreで故Sri.K.Pattabhi Joisによって受け継がれています。その特徴は、太陽礼拝・スタンディング・シッティング・逆さのポーズ・ フィニッッシングの各ポーズから構成され、ポーズからポーズへ途切れることなく流れるような動きでフロウする=ビンヤサスタイルです。

Asana(ポーズ)を呼吸と調和させながら行ない、内的意識に結び付けていきます。
代謝UP,内臓浄化、関節や筋肉の柔軟性をつけ、体力増進、精神力、身につけます。
鼻から吸って鼻から吐く胸式呼吸、丹田と呼ばれるあたりを意識し締め、自分の内側に集中する為の目の位置を学びながらポーズを学んでいきます。

Ashtanga Yoga の「八支則」

1.YAMAS(ヤマ)人に対してしてはいけない事

Ahimsa(アヒムサー) 非暴力
人に暴力を振るわないというだけでなく、親切で、思いやりのあること。他人に対してだけでなく自分に対しても同様であること。何事に対しても思慮深くあること。
Satya(サティア) 真実・誠実さ
嘘をつかないこと。誠実であること。言葉や態度に思慮深くあること。好ましくない事実を告げない、 歓心を買う言葉を告げない。
Asteya(アスティヤ) 不窃盗
盗まないこと。自分の物でないものをとらないこと。みんなのものを独り占めしないこと。必要なもの以上をとろうとしないこと。
Brahamacarya(ブラフマチャリ) 節制・梵行
性欲・物欲・食欲・名誉欲など、あらゆる強い欲望と感覚的な快楽にふけってエネルギーを浪費することを戒めること。
Aparigraha(アパリグラハ) 不貧
欲望の奴隷にならないこと。必要なものを必要なだけいただくこと。満足を知ること。

2.NIYAMA(ニヤマ)自分に対して守ること

Shaucha(シャウチャ) 清浄
清潔さ。体の外側だけでなく、内側の健康と心の明瞭さ。生活の場を清潔に保つこと。
Samtosha(サムトーシャ) 知足
満足すること。起こったことや結果についてうけいれること。謙虚さ。慎み深い、思慮深い態度。
Tapas(タパス) 苦行
行うこと。行動すること。Yogaの実践。体を健康に保ち、体と呼吸と食べ物などの生活習慣に配慮すること。
Svadhyaya(スヴァディヤーヤ)
多くの場合、書物での学習をさとすとされるが、より広く自分自身を学ぶことで自分に親しむこと。
Isvarapranidhana(イシュワラプラニダーナ) 信じる心
信仰心とも訳されるが、そうではなく、より大きな(人間の力の及ばない)力に敬意を払い、行為のプロセスに集中し結果については受け入れる、満足するという態度。

3.ASANA(アサナ)ポーズ・坐法

4.PRANAYAMA(プラナヤマ)調気・呼吸のコントロール

5.PRATYAHARA(プラティヤハラ)制感・感覚のコントロール

6.DHARANA(ダラーナ)集中力

7.DHYANA(ディヤーナ)瞑想・静慮

8.SAMADHI(サマディー)三昧・自己実現